ノマドワークをしていて好きな場所で働けるといっても、根をつめて仕事をしているとやっぱり疲れてきます。リフレッシュしたい時や休日に僕がよく行くのは、Bangkok Art & Culture Centreです。(公式サイト)BTSナショナルスタジアム駅のそばでアクセスも簡単。

先に良いところを挙げてしまいましょう。建築としてかっこいい。涼しい。アートを無料で楽しめる。様々なジャンルのアートが展示される。時々コンサートなども開催されている。建築としてのかっこよさは、下の写真を見てのとおり都会的なこの吹き抜け。クールでモダンでアーバン。

建築デザイン

この記事を書いている時は、プミポン元国王の服喪が近づいているので、プミポン元国王にまつわるアートが集められています。

絵画

この先にはプミポン元国王のお写真や、愛用されていたカメラや楽器なども展示されていました。普段は公開されていないものなので貴重な機会ですね。プミポン元国王の人気は絶大で、タイの家庭にお邪魔すると写真や絵がほとんどの家で飾られています。

このコーナーの先にも王室の昔の白黒写真がたくさん展示してあって、あまりの愛され度に感動してしまい、タイ国民ではないけれど泣きそうになってきました。

プミポン元国王写真

王室にまつわる写真もたくさん展示されていました。プミポン元国王が撮影された写真もありましたよ。この写真は構図がいいなあと思いました。バンコクアート&カルチャーセンターは、絵画だけでなく写真やオブジェなど、幅広いラインナップの展示です。

王室

次のフロアに移動する時は、螺旋になっている通路を通っていくことができます。上を見てもアートな造りですね。

モダン

こちらは違う日に撮った写真です。広くてすっきりした空間をゆっくり歩いているだけで、リラックスできます。頭を使うデジタルノマドの仕事をしているので、こういう時間は貴重です。

空間

天気が良いと窓から見えるバンコクの街もアートの一部。しばらくして行ったら、雨の後だったのかガラス汚れまくりだったんですが!そうそう、雨降りの日のバンコクは大変なので、そんな時もここはのんびりできておすすめです。

都会的

タイの動物は?と聞かれるとみんながイメージする、象もアートになってましたよ。小じんまりしててかわいい。行列になってぐるぐる周ってる。

ゾウ

そしてここは途中の階にテーブルとイスが置いてあって、Wifiも飛んでいるので、実はノマドワークスポットでもありますが、学生さんたちに大人気です。円形になっている通路にもアートが展示してありますよ。

bangkok art and culture center

バンコクアート&カルチャーセンターは、美術館に行く時のようにかしこまることなく、若いアーティストの作品なども気軽に楽しめる、そんな庶民派アートスポットです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です