ミャンマー

ヤンゴンの「ベストウエスタン・チャイナタウンホテル」宿泊と周辺を散策

ホテル正面

ヤンゴンのダウンタウンというエリアにある、ベストウエスタン・チャイナタウンホテルに泊まってみました。立地が良かったです。ダウンタウンというエリアは中心部の雰囲気があり動きやすい。前回書いたジャンクション・シティにも車だと3分ぐらいです。


Booking.com

今回泊まった日の料金は、日本円で約5900円。ミャンマーの物価は安いですが、意外なことにヤンゴンのホテル料金は高いです。部屋は一番安い料金の部屋で結構狭め。日本のビジネスホテル並の狭さ。料金は変わりますが広い部屋もあります。

ベッド

渋めのインテリアですが、清潔感はあります。このゴールドかつややアジアンなインテリアは、前に泊まったラオスのホテルに似てるかも。一人旅の観光やビジネス利用には問題ないですね。2人だと上のランクの部屋の方が良さそう。

室内

ベッドの隣にはコンパクトなクローゼット、デスク、TVがあります。Wifiももちろんあり。

デスクとテレビ周り

バスルームはこんな感じできれいです。シャワーは上から浴びるタイプと手で持つタイプの両方。最近はこの両方備えているホテルが増えてきて嬉しい。

バスルーム

朝食が美味しいというレビューもあったので食べてみたかったんですが、次の日は早朝のフライトなので今回はスルー。実はホテルより散策の写真の方が多いです。ホテルの斜め前に大きな交差点があり、そこに歩道橋が架かっているので通りを撮ってみました。

大通り

建物も様々な様式が混じっていて独特です。色合いも面白い。

アジアの建物

こちらがホテル正面です。入り口には常時スタッフが立っていて、セキュリティがきちんとしているようです。大通り前なのでタクシーもつかまえやすそう。私はGrab Taxiをずっと使ってました。

ホテル正面

こっちの方向は台湾とかにも建物の雰囲気が似てるかな。ホテルの裏の方は古い建物も。

大きな歩道橋

そしてこちらの方向はまた違う雰囲気。カフェやレストランも周辺には少しあります。大きな通りなので暑い時間は歩き回るのはちょっと厳しいかも。

遠くへ伸びる通り

ホテルの周りはカラフルで雰囲気も色々入り混じってるので、散策が楽しい場所でした。

カラフルな街並み

カフェ少ない気がするヤンゴンですが、エアコン効いてるお洒落カフェも近くにありました。

カフェ

ホテルから主要な観光スポットに行く場合、車でシュエダゴン・パゴダは約15分、スーレーパゴダは約5分、ボージョーアウンサンマーケットも約5分、シティーモールは約3分ぐらいで動きやすいように思います。

ベストウエスタン・チャイナタウンホテル