ウブドで観光客が多い通りは、モンキーフォレスト、ハノマン、ラヤ・ウブドという3つの大きな通りです。その理由はウブドの中心にあって、ホテル・レストラン・お土産などのお店が最も集まっていて便利だからです。

ウブドに長期滞在していた間にしばらく泊まっていたゲストハウスの一つは、ハノマン通り近くにあって、便利かつ居心地がとても良かったので今回書いてみたいと思います。ゲストハウスの名前は、ブルーマンゴ(Blu Mango)です。(Agodaのページ



Booking.com


地図で見ると場所はこちら、ハノマン通りから細い通りを少し入ったところです。ハノマン通りまでは徒歩3-4分ぐらい。お洒落なKAFEという名前のカフェも結構近かったので、よく行ってました。ハノマン通りは夜はお店閉まるの早めですが、雰囲気の良いお店も多い。

僕が泊まった時は、1泊・225000ルピア(約1750円)でした。ウブドは1000円ぐらいのゲストハウスもありますが、ちょっとプラスすると快適度が違ってきます。この立地と部屋の内容だとなかなかコスパは良いと思います。

受付から下の階段に降りたところの、3つ部屋が並んでいる内の1つ。部屋の前にはソファが置いてあります。

一番安い部屋でスペースはありませんが、シンプルなインテリアと清潔さがとても気に入りました。全体的に何となく新しい雰囲気で、掃除も行き届いています。

ベッドの両側にコンセントと小さなライト。エアコンとファンの両方が付いているので、温度調整がしやすいのが良かったです。Wifiもあり。

ちょっと葉が枯れてますが・・・窓から緑が見えるのはいいですね。柵の向こう側はホテルの敷地ではなくて、手入れはされてない様子。下は小川が流れていて、ずっと水の音が聞こえてます。

洗面台のところから右側がシャワーで左側がトイレという造り。小さな部屋なんですが、使いやすいようによく考えられた設計で、そしてきれいなので一人旅にはぴったりでした。同じフロアや上のフロアは、カップルで泊まってる人もいましたよ。

シャワーは上から浴びるタイプと手で持つタイプの両方があって、お湯も水量も全く問題なしでした。

部屋の前のソファから。バリは晴れているとやっぱり青空が気持ちがいい。

上のフロアにはフリースペースがあって、バリコーヒーなど自由に飲めます。大きくて素敵な木のテーブルやソファが置いてあります。簡単な調理台や冷蔵庫もあるので、自炊してる人もいました。ココマーケットにも歩いて行けますしね〜

風が気持ちよくて眺めもいいです。隣のスペースでヨガをしてる人たちもいました。このフロアの部屋は料金も少し上がりますが、広くてきれいです。

3つベッドが並んでる、トリプルルームも。あと朝食は別料金になりますが、オーダー可能です。そしてこのゲストハウスは、オーナー家族の皆さんがとても暖かくて優しいのもポイント!

ウブドにしばらくいましたが、ここはアジアでもトップクラスで、ホテルのコストパフォーマンスは高いと思います。個室も1000円ぐらいからありますし、街も居心地がいいのでその気になればずっと住めそうでした。ブルーマンゴは、そこそこ安くてきれいな部屋を探してる方におすすめです!

ブルー マンゴ(Blu Mango)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です