タイ

チェンマイでのビザ延長、プロムナーダ・モールのイミグレーションで手続き

チェンマイのプロムナーダ

いつもはバンコクでビザ延長の手続きをしていたのですが、チェンマイに住んでいる間に更新のタイミングがやってきたので、チェンマイのイミグレの行き方や延長の手順について書いてみようと思います。ノービザ延長の場合も同様の内容です。

イミグレーションの場所と行き方

チェンマイのイミグレーションは、プロムナーダというショッピングモールの中にあります。Google Mapではモールの右上にイミグレーションの表示がありますが、ビザ延長を受け付ける窓口はモールの中になります。中心部からソンテウで向かうと、片道150-200バーツぐらいを言われると思います。

あとこのモールを知らないドライバーも結構います。僕はニマンヘミンから乗ってターペー門まで行き、そこからモールと乗り継ぎで行きました。帰りもターペー門まで100バーツぐらいになります。天気が良ければレンタルバイクで行くほうが安くて速いです。

延長の手順

モールに着くと正面からやや右の方に、TOM N TOMS COFFEEが見えます。イミグレはこの下のフロアの半地下のような場所にあり、周りに人が集まってます。

モールは平日は11時、土日は10時にオープンしますが、イミグレは早い時間から開いているので大丈夫です。かなりだだっ広い雰囲気のモール。

僕はパスポートと写真だけ持っていきました。ほぼ手ぶらです。まずは申請用紙を取るのですが目立たないところにあって分からず、係の人に教えてもらいました。下の写真で緑のリュック人がいる辺り、机の上に置いてありました。長い行列が出来ているのでちょっと取りづらいですが、ここで用紙をゲットします。

ちなみに並ぶ時は、90日レポートとリタイアメントビザの方は右の列、観光ビザやノービザ延長は左の列のようです。(来た時は1列でしたが、途中から2列になっていた)そして係員の人がどうみても大学生の制服だったのですが、インターンなのか謎です。

写真を持ってきていない場合は、Photo & Copy Shopで撮ってもらうことも可能です。パスポートのコピーはここで取りました。申請用紙に漏れがないようにしっかり記入して、写真を貼付けます。(ボールペンはここで購入可、のりは借りることができます)

申請用紙の書き方ですが、書き方例の紙が置いてあるので、特に難しくはありません。書き終えると先ほどの列に並び、申請用紙・パスポート・コピー・ビザ延長の場合は1900バーツを受付へ。さーっとチェックされて受理されると後はひたすら待つだけです。

ビザを貼り付けたパスポートの返却は、列が出来ていた受付の右の入口から、建物の中でとなります。僕は平日の午前中行きましたが、38人待ちでした。これは結構少ない方だと思います。

12時から13時までのお昼休みは手続きがストップするので、朝早めに行って午前中で終わればベスト。往復の時間も考えると、ビザ延長はやはり半日から1日仕事ですね。でもチェンマイでの延長はバンコクよりは時間がかからない印象でした。