タイ・バンコク生活、旅行、ノマドワーク

海外生活と旅ブログ

ベトナム

ベトナムではGrabを使いこなすと、安くスマートに移動できるのでおすすめ!

更新日:

Grabとは

Grabはシンガポール発(元はマレーシアでシンガポールに移ったそう)、スマホでタクシーを呼ぶ配車サービスや決済を展開している企業です(公式サイト)現時点では、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジアというアジアの国々で利用可能です。

僕はホーチミンに長期滞在で住んでみたのですが、その時にとても便利だったので、今はバリ島でもメインで使っています。ベトナムのタクシーやバイクタクシーも物価相応で安いのですが、紙幣の桁が大きくて分かりづらい・ふっかけてくる運転手が多い・交渉が面倒・相場が分かりにくいということから、Grabをおすすめします。

バイクタクシーでは、通常のバイクタクシーよりGrabのバイクタクシーの方が、断然安いです。メータータクシーもGrabの方がやや安いように思います。ホーチミンは交通インフラは微妙で、バイクか車移動がメイン。(地下鉄は現在開通に向けて工事中、バスは本数が少なく路線が限られている)Grabを使いこなせば、安く確実に移動できます。下の写真のとおり、緑がGrabのカラー。街中ではどこでも目にします。

ちなみにUberも使えるのですが途中でやめて、どうしてもという時のみにしています。理由はUberは僅かな金額ですが、キャンセル料がかかるのと、Grabよりドライバーの数が少ないからです。配車を確定してからドライバーが同じ場所から10分動かなかったり、違う方向へ行って来なかったのに、こちらがキャンセル料金を払うといったこともありました。

【追記】Uberは東南アジアでのビジネスをGrabに売却しました。今後はGrabへ統一となります。

Grabではキャンセル料金は発生しませんが、キャンセルを多くしていると、ドライバーをつかまえにくくなる仕組みになっています。(その場合は、1週間でリセットされるよう)ホーチミンでは圧倒的にGrabのドライバーの方が多いので、Grabの利用がおすすめです。

Grabのアプリの使い方

まずGrabのアプリをダウンロードして、アカウントを作成しましょう。ダウンロードは公式サイトにリンクがあって、iPhoneまたはAndroid版が利用可能。そして現地ではSIMカードを買って、どこでもスマホをオンラインで使えるようにしてると便利です。以前書いたベトナムのSIMカードの記事もどうぞ。

さてアプリを開いて左上をタップすると、このようなメニューが表示されます。ここでGrabPayという決済を設定しているとより便利です。このようにクレジットカード情報を入力して、カード決済で事前にチャージすることができます。

購入する金額は選べるので例えば20万ドンを指定した場合、アプリのアカウントに20万ドンがチャージされます。そしてGrabのタクシーを利用した時は、都度ここから引かれていきます。つまりキャッシュレスで、目的地に降りたら現金の受け渡しをすることなく完了です。現金だとお釣りがないとかもあるので、チャージで購入しておいた方が便利でした。

そしてアプリの使用画面ですが、出発地点と目的地点を入れるだけのシンプルなつくり。どちらもお店の名前とか建物の名前、住所でもいいですし、Select location from mapというところを選ぶと、地図上でカーソルを移動させて指定も可能です。大抵はgoogle Mapに出てくるところは、候補に出てきます。

アプリの地図上では近くにいるドライバーも見えています。サイゴン大聖堂の近くはこのように、GrabBikeがたくさんいますね。一番下のChoose Your Drop-Offボタンをタップすると、ドライバー探しが開始され、ドライバーが確定するとドライバー名などが表示されます。バイクタクシーだと1回50円〜100円ぐらいで、結構走ってくれるので激安です。12Kとか表示されていると、12000VND(60円)

配車ボタンを押す前に、上の画像の下あたりにGrabBikeと表示されていますが、ここをタップでバイクや車を選ぶことができます。GrabCarは一般の人でGrabに登録している車、GrabCar Plusはちょっといい車、GrabBikeはそのままで一番安価、GrabShareはシェアなので乗り合い、GrabTaxiはGrabに登録しているタクシーと、色々選べて料金もそれぞれ異なります。

配車が確定した後はドライバーがこちらに向かってきている様子を、アプリ上で確認することができます。3minなど表示が出てあとどの位で到着する予定なのか、そして近づいてくると下のモザイクかけてるところですが、ナンバープレートの番号も出るので、自分でも確認をすることができます。また右下のアイコンから、ドライバーへ電話やメッセージ送信も可。ドライバーも登録制なので、普通のバイクタクシーより安全かと。

乗る時はバイクタクシーだとヘルメットを受け取って被りますが、僕は直接はいやだったので、ハンカチとかを挟んで被ってました。車だとエアコン付きで快適ですが、向かう場所によっては渋滞が多いので、バイクの方が早く着く場合もあります。長距離なら車がベスト。

降りる時は先ほどのチャージ購入にしていれば、そこから今回分が引かれるだけなので現金の受け渡しなく、ドライバーとお別れ。レビュー画面が出て星の数を選びます。レビュー画面は☓で閉じてスルーも可。ちなみにバリ島では国ごとに仕様が違うのか、チャージ購入ではなくカード登録すると、直接カードから都度引き落とされていくかたちです。でも手数料もかからずレートも正確なので問題なし。

ところでホーチミンはバイクの数が異様に多い都市ですが、少し前にサッカーのベトナムU21代表が決勝に進んだ時が、自分が体験した最高のバイク密集度でした。どれだけいるのか分からないw これぐらい極端にバイク社会なのがベトナムです。暑い国ですし、安く早く移動するにはバイクが一番のよう。

Grabは何かあってもサポートの対応も早くて丁寧でした。一度だけこちらがキャンセルしたのに、ドライバーからチャージ分が引き落とされたことがあったんですが、アプリからサポートセンターへメッセージを送るとすぐに返信があり、お詫びの内容と今回引かれた金額をお戻ししましたというメッセージが届きました。

ホーチミンでは毎日使っていたので、Silver、Gold、Platinumとかアカウントが上がっていって、ポイントが貯まっていきました。ポイントは他のサービス利用に使えたり、Grabの利用料金xx万ドン分無料というのも選べます。長期滞在する人はこの面でもお得です。

以上、ベトナムでのGrabの使い方でした。(アプリのアップデートなどにより変更もあると思うので、最新の状況はご自分で確認を)

-ベトナム
-, , , , ,

Copyright© 海外生活と旅ブログ , 2018 All Rights Reserved.