タイ

タイ・チェンマイでの長期滞在、1ヶ月の生活費について

リタイアされた方やノマドワークのロングステイヤーも多い、タイ北部のチェンマイにしばらく住んでみたので、1ヶ月の生活費をざっくり書いてみることにします。家計簿は付けていないので大まかな内訳になります。今のレート、1バーツ=3.4円で計算しています。

結論から書くと生活のスタイルなど個人差によりますが、一人当たり・月5万円から15万円ぐらいの間になると思います。上はきりがありませんが、5万円は質素になりそう。僕は11万円ぐらいの生活費でしたが、同じ金額で国内にいる時よりは満足度はかなり高くなります。

家賃

生活費の中で大きな割合を占める家賃ですが、タイでは比較的抑えることが可能です。チェンマイはバンコクよりも、全体的には安い感覚。月3000バーツ(約10200円)から35000バーツ(約119000円)ぐらいまで様々。上も下ももちろん、これ以上も以下もあり。1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年など、長期で借りるほど割引が効きます。

一人暮らしの日本人で住みやすい物件は、7000バーツ(約23800円)から15000バーツ(約51000円)ぐらいの部屋になると思います。同じ金額の国内の物件に比べるとグレードは上がり、引越しも簡単。デポジットのお金とサインだけですぐ入居できます。

僕の住んでいた部屋は、月11500バーツ(約39100円)でした。下の写真ですが、家具付き・ネット代込・週1のルームクリーニング・週2のバスタオル交換有りの内容で、35平米ぐらいのリノベーション済みだったので、とても快適。これに電気代と水道代ですが、数百バーツ程度。特に乾季のチェンマイは寒いほどなので、電気代は安かったです。

日本人的な感覚でも住みやすい、コンドミニアムタイプの物件は、中心部近くではニマンヘミンに多く集まっています。少し郊外に行けばさらに安くなり、戸建てでも1万バーツ(約34000円)の物件もありました。ニマンヘミンはカフェが特に多く、ショッピングモール、コンビニ、マッサージ店、何でもあって住みやすいのでおすすめです。

またはホテルやゲストハウスでも、1ヶ月借りても家賃ぐらいの金額に収まるところもあるので、試しに数日間住んでみて、気に入れば長期で住むというのも可能です。

食費

食事も個人差で大きく違ってくるところです。1食50バーツ(約170円)から300バーツ(約1020円)ぐらい。ローカルなお店、観光客向けのレストラン、モールの中のお店、フードコート、屋台、それぞれで差があります。

僕はあまり食にこだわりはなくて、毎日タイ料理でも大丈夫なタイプなので、1食100バーツぐらいを目安にしていました。月にすると100x3x30=9000バーツ(約30600円)ぐらいです。実際は朝20バーツのパンだったり、日中にカフェに行ったり、夜は和食で250バーツの日もありましたが、平均するとこんな感じだと思います。

チェンマイはバンコクに比べると、和食のお店は少ない印象です。ラーメンのお店なども少しありますが、毎日和食がいいという人はちょっと大変だと思います。本格的な感じではないですが、下のような日本風なお店も少し。

中心部にはスーパーなどは少なめです。テスコエクスプレスが数軒、ショッピングモールMAYAの地下フロア、ニマンヘミンにスーパーが数軒、といった感じです。少し郊外に行くとビッグCなどもあります。自炊も可能ですが、キッチンが付いてない物件も多いので、一人暮らしの人は外食の方がいいかも。食材は安いので、自炊するとかなり節約できそう。

交通費

移動範囲は狭かったので、自転車を1ヶ月などで借りて、休みの日だけレンタルバイクを借りていました。自転車は新品を借りたので、やや高めで1500バーツ(5100円)、レンタルバイクは1日200バーツのところで借りていました。お店は旧市街の中や外に点在しています。

あとナイトマーケットやバーに行く時などは、ソンテウも使いました。ソンテウは距離やその時の混み具合、運転手の言い値で全然違うので、相場が分かりにくい交通手段です。料金は近場で20バーツ、やや離れていたり夜間だと40バーツが最低だと思われます。料金を聞かずに乗って、降りる時に20バーツ出してみるのもありです。もしくは最初に確認してふっかける運転手はスルー。

通信費

通信費については電話は使わずネットだけでOKだったので、AISの4Mbps・無制限プランで月450バーツ(約1530円)+VAT。申込は*777*7155#を押します。日本の携帯会社や光のネット代からすると、考えられない安さ。データ無制限でテザリングでPCもつなげて、速度も普通に動画が閲覧できるレベルなので、とても良いと思います。SIMフリー端末さえあればOK。

これは30日のプランで自動更新はないので、500バーツを機械でTopupしてます。こちらはMAYAの中にあるAISの機械。自分の電話番号を入力して、Topupする金額を指定して現金払いなど、あっという間に完了。これでどこでもネットし放題はお得。プランは他にも色々あります。

雑費

その他の全てを雑費ということでまとめます。ちょっと近場へ旅行、ランドリー代、マッサージ代、飲み代、交際費、ショッピング代、ゴルフ代、コワーキングスペース代などなど。人によってはこれが家賃以上にかかるかもしれません。タイはアクティビティやエンターテイメントが自由で豊富です。

自分の場合でおおよそで出してみると、月10000バーツ(約34000円)から12000バーツ(約40800円)ぐらいかな?気が向いた時に自由に使ってる方ですが、インドア派な方や趣味の多くない方はもっと節約できると思います。

僕は買い物はほとんどせず、飲みに行くのも少なく、ゴルフなどもしないので、そんなにかかりません。ショッピングについてはバンコクほど充実していないので、そこで節約できる人もいるかもですね。下はたまに行くのが楽しい、ナイトマーケット。

まとめ

僕の場合は計算してみると、家賃・11500バーツ、食費・9000バーツ、交通費・2000バーツ、通信費・450バーツ、雑費・11000バーツで、合計は33950バーツ(約115430円)

あまり節約ばかりを気にせず、快適に生活する環境を整えると、チェンマイではこのぐらいになりました。バンコクでもほぼ同じような感じですが、チェンマイの方がやや安くなりそうです。少しだけでも実際に生活してみると、向き不向きや好き嫌いが見えてきます。

チェンマイは他にも日本人向けの病院などもあり、安心して長期滞在ができる街です。ただし朝夕や週末の車の混雑が、旧市街の周りを中心に悪化しています。またそれに伴う空気の悪さは案外深刻です。空港が市内に近いこともあるかも。この面はマイナスです。

タイ語・英語はあまり出来なくても住めますが、出来た方が交友が広がって楽しめます。人は全体的に穏やかで優しい雰囲気。あとはビザ関連さえクリアすれば、生活費に対する住みやすさの質は、アジアでもトップクラスだと思います!