バリ島に長期滞在していた間、ウブドの他に南のエリア・ジンバランにもしばらく滞在していました。ジンバランはかなり広いエリアで、ングラライ国際空港よりもさらに下の方です。

仕事がオフの日には、そのジンバランをバイクで走り回ってたのですが、バリ島の南の方の海はきれいだという話を聞いて、そちらの方向に行ってみました。

そして何気なくバイクで下り坂のカーブに差し掛かった時、素晴らしい景色が目に飛び込んできました。バイクを端に寄せて撮ったのがこの写真。クタやサヌールのビーチとは比べ物にならない美しさ。

場所はこの辺りで、High cliff at Melasti beachです。現地でGoogle Mapを見ると、Pantai Melasti Ungasanと表示されていた場所です。ここはインドネシアのSIMでも圏外になっていて、少し陸側に走るとまたオンラインに戻りました。

現時点では日本語サイトやブログではほとんど情報は出てこないようです。このエリアではウルワトゥ寺院に行く人は結構いますが、最南端まで来る日本人は少ないのかもしれません。

バイクで走っていた道の上の方は、このとおり絶壁の高い岩になっています。そしてよく見ると人の姿も・・・ よし行ってみよう!

バイクを停めてから階段を登って上の方へ。かなり急です。帰りはここでウェディングフォトを撮影しているバリ人のカップルとカメラマンたちがいました。

そして階段を上まで登り終えると、バイクと車が数台停まっていて、ちょっと力が抜けました。どこからか道路が上にも通っていて、この階段を登らなくてもアクセスできたみたいです。地図を見るとたしかに、Jl.Melastiという細い道がありますね・・・

上は原っぱのようになっていて、縁まで歩いていけます。インドネシアの人がほとんどで、欧米の人が数人、日本や中国の人は全く見かけませんでした。

そしてこの写真に写っている人たち、何でもないように立ったり座ったりしてますが、縁の先は2つ上の写真のとおり、垂直に数十メートルの絶壁です。柵も全くなく監視員とかも誰もいない、完全に自然の状態。このあたりは自己責任という、海外の国らしいところかもしれません。

縁まで行ってみましたが、高所恐怖症の人でなくてもこれは怖いレベルです。目測では30メートルぐらいだと思います。風も吹いてますし、あまりぎりぎりまで行けず、手を伸ばして撮ってみました。

この写真の右下に縁が写ってますが、ここから向こうは何もないので、身がすくむ感じ。しかし景色は素晴らしいです。下の岩の形や道路のうねり具合もすごい。

地元の人たちは縁ぎりぎりまで行ってて、見てるこっちが心配になるぐらい。あの縁まですたすた普通に歩いて行けるのが信じられない・・・

正面に見えているビーチは、透明度が素晴らしいですね!ここからでも底がはっきり見えるぐらいです。バリ島も人があまり来ないエリアでは、自然の美しさがそのまま残っています。

左の方までずっと、ほぼ180度、目の前に海が広がっていて絶景。美しさに見とれて落ちないよう、縁にはあまり近づかないのが賢明。

ここからまっすぐ1000kmぐらいこの広い海が続き、その先にはオーストラリアがあります。自然の雄大さを感じるスポットでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です