タイ

チェンマイ・ニマンヘミン通りのお洒落モール「One Nimman」

ワン・ニマン

チェンマイには今までなかった雰囲気のショッピングモールが、ニマンヘミンに出来ていました。バンコクに増え続けているコミュニティモール系の建物です。お洒落な外観で小規模なのが特徴。公式サイトにもデザイン性の高さが表れています。

One Nimmanという名前で、場所はMAYA(メーヤー)の斜め前です。地図で見ると四角形の旧市街の左上、ドイステープに向かう途中辺り。ニマンヘミン通り沿いです。

ヨーロッパ風のデザインで、高い塔が目印になっています。夜は電飾でライトアップされて美しい。

真ん中に広場があって、ここを囲むように建物が造られています。オレンジのレトロなトラックのところはカフェスペースになっていました。

タイにいるとは思えないですね〜 タイの人たちは写真撮るのが好きなので、絶好の撮影スポットになってました。チェンマイの中心部近くのモールと言えば、空港近くのセントラルプラザとMAYAとガートスアンゲーオぐらいでしたが、新たにOne Nimmanが加わりました。

上の階から見るとこんな感じ。新築でとてもきれいです。奥の方はまだ建築中のところもありました。店舗数は少ないですが、もう少し増えると思います。

そこら辺に立てかけてあった看板もかっこいい。このモールによく似合ってます。

吹き抜けにモダンなオブジェ。

レンガ風の外観で真ん中に広場もあるので、イタリアの風景に見えますね。この写真を友達に送って今タイにいるよって言っても、え?!って思うはず。タイっぽくない・・・

2階にはアロマオイルやフレグランスを販売してるお店がありました。数店舗集まっているので品数は十分です。

他にもファッションやジュエリーなど、小綺麗な店舗が入っていました。旧市街の中にはあまりない雰囲気のお店が集まっています。こちらはお菓子やタイの名産もあったので、お土産探しにもいいかもしれません。

広場の中にある建物は、イベント用に使われているようです。僕が行った時はチェンマイのコーヒーのお店が出店している催しが開かれていました。コーヒー豆や名刺も持ち寄っていて本格的。1杯50バーツぐらいで美味しいコーヒーの飲み比べができました。

新しいモールでやや高級路線のお店が多めですが、写真撮るのにも面白いところですし、ニマンヘミンに来る時は寄ってみるのもいいかもです。

モールのすぐ隣のモダンな建物は、ユー 二マーン チェンマイ(U Nimman Chiang Mai)という新しいホテルです。立地もいいですし、ニマンヘミン散策にはぴったり。MAYAも道路を渡るとすぐそこです。チェンマイのお洒落スポット、ニマンヘミンに出来たモールはやはりセンスが良かった。