インドネシア

バリ島最南部のパンダワビーチは、バリのベストビーチのひとつだった

パンダワビーチへのアクセス

バリ島で長期滞在していた間、ジンバランにホテルを取っていた間に行ってみたビーチの中で、最も美しいと思ったのが今回のパンダワビーチです。インドネシア語ではPantai Panadawa。パンタイはビーチや海岸の意味だそうです。ここはとても綺麗でした!

Google Mapで見るとこちら。バリ島の最南部になります。クタやヌサドゥアから車で行く場合は、渋滞具合にもよりますが、1時間半以上かかると思います。近くで宿泊するとビーチをもっと満喫できますが、日帰りの場合はカーチャーターまたはGrab Taxiが良さそうです。

僕はジンバランからバイクで行きましたが、結構距離もあっていいドライブになりました。でも途中の道はのどかなところも多く、牛とすれ違ったりもしながら到着。ビーチの手前には大きなゲートがあって、そこで入場料15000ルピア(約120円)を払います。

ゲートからビーチに向かう道路の横には、巨大な建物を建設中でした。ホテルだとしたら、訪れる人が増えそうなので、早めの方がいいのかな。そして高い壁のような岩の間を抜けると、ビーチがちらりと見えてきます。ここには駐車場があって、大きなバスも停まっていました。

Pantai Pandawaのロゴがばーんと目立ってます。このビーチは泊まっていたホテルのオーナーが、この辺で自分が一番好きなビーチと言ってたので来てみました。

この高台にある駐車場からは広いビーチが見渡せます。しかしおすすめなのは、この右や正面のエリアではなく、左手奥の写真に収まっていない方向です。そちらにも駐車場があるので、先ほどの坂道を下ってまっすぐ一番下まで行きましょう。

美しいビーチの様子

左奥で車またはバイクを停めて海に出ると、こんな風景が広がっています。

エメラルドグリーンのような色の美しいビーチ。クタやサヌールのビーチとは全く比較にならないぐらい綺麗です。

こんなツイートもしましたが、今までに行ったことのある主要なバリのビーチの中では一番でした。他にも知られざるスポットはあるのかもですが、今のところベストビーチ。

ビーチ沿いには小さなレストランがあるのですが、そのレストランの前から撮った写真。

ボードも立てかけてあって、バリ島感が出ています。真っ黒に日焼けした地元の子が、これよりもっと小さな自分用の手作りみたいなボードを使ってサーフィンしてたのが微笑ましかったです。サーフィンしてた人は数人で少なかったです。

今住んでるタイと比べると、プーケットより綺麗です。サメット島と同じぐらいかな。

ビーチにはインドネシアの他の島から来たヒジャブを頭に被っている女性もいたり、ビキニの欧米系の美女もいたり、家族で来ているバリの人がいたりと様々。

パラソルは空いているところを誰でも使うことができます。50000ルピア(約400円)で、ビーチにいる間、ずっと使うことができます。下の小さなバリコーヒーは、5000ルピア(約40円)ぐらい。バリ島の最南エリアは物価も安めです。

天気が良ければずっとのんびりできます。こんな場所では何もしないのが一番。ビーチはやっぱりこの位すっきり晴れてると気持ちがいいですね。

このビーチの左端には後ろの岩山が迫ってきています。その上からパラグライダーで飛んでいる人も。あと駐車場の横には、簡易なシャワーとトイレもあるので安心。

ややアクセスに時間のかかる場所ですが、晴れの日は特に美しい風景を見ることのできるビーチです。クタエリアからだと、ウルワツ寺院に行くのと同じぐらいの時間を見ていたらいいかもです。またこの最南エリアには他にも有名ビーチがあるので、いくつか訪れてみるのも楽しいですよ!