タイ

パタヤからラン島へのアクセスと島内での移動について

パタヤのコンドミニアム

ウォーキングストリートから、フェリー乗場のバリハイ桟橋へ

バンコクから日帰りも可能な、パタヤ沖にあるラン島。バンコクからバスでパタヤに来る方法については、以前書いたこちらの記事をご覧下さい。片道108バーツで安い!またパタヤに泊まってラン島に行く方も多いと思いますが、ゆっくりできるので時間が許すようだったらこちらの方がおすすめです。

ラン島に行く場合のメジャーなアクセス手段は、パタヤのバリハイ桟橋からフェリーで行く方法です。ビーチロード沿いを走っている1回10バーツのソンテウに乗って、ウォーキングストリートの入口辺りでブザーを押して降車。そして中を通ってバリハイ桟橋に歩いていきます。

ウォーキングストリートの中はソンテウは通れないようになってるはずですが、たまに通っているソンテウやバイタクもいるので、もしかしたら行ってくれる場合もあるのかも。でも通常は入口までで桟橋へは徒歩で約15分ぐらいです。夜は賑やかな繁華街ですが、昼は静かな通り。

バリハイ桟橋でフェリーに乗車、チケット購入

桟橋の手前にある建物にチケット売場がありますが、この時は人がいなくて乗場のボートの前で直接購入する方式でした。こんな景色を見ながら桟橋を歩いていきます。向こう側はビーチロードでホテルやレストランが並んでいます。

パタヤ市街

桟橋を奥の方まで歩いていったAと書いてある場所で、フェリーに乗り込むところにスタッフが立っていて、料金と引き換えにチケットを渡してくれます。料金は30バーツ(約105円)です。

船着場

2階建てのフェリーですがそこまで大きな感じはありません。救命胴衣が椅子に置いてあって身に付けるようになっています。基本は安全の為に着用することになってますが、スタッフ次第で何も言わない場合もあったり、付けるように言われたりする雰囲気。この辺は緩いタイですが過去には事故も起きてるので、付けるに越したことはありません。

ボート内の救命胴衣

フェリーの席からは青い空と海が見えて、この日はいい天気。約30〜40分の短い船旅です。小さなスピードボートほどは酔いませんが、酔いやすい人はコンビニなどでも購入できる、青色っぽいパッケージのDiminという酔い止めなどを飲んでおくと良いかも。

ボートからの景色

ラン島へ到着!

パタヤからのフェリーはラン島のこちらの桟橋に到着します。すぐ近くにはセブンや小さな屋台やカフェもあるので、飲み物や食べ物の調達も簡単です。

こんなカラフルな建物がある場所です。

島のカラフルな家々

これは帰りに到着した別のフェリーを撮った写真ですが、こんな感じで到着。向こう側には小さくパタヤの街並みも見えてますね。そして海はやっぱりパタヤよりきれいです。

ラン島に到着

ラン島のソンテウ乗場

さてラン島内の移動ですが到着した桟橋のところにいるソンテウは乗れず、あと声をかけてくるドライバーもいますが、少し先にあるお寺横の広場にたくさんいて、そこから島内の色んなビーチに行ってくれます。桟橋近くのセブンからは数分歩くと到着。

今回はソンテウでの移動についてのみ書いていきますが、レンタルバイクを貸してくれるところもあるので、自由に周りたい方はこの辺りで借りることもできます。

こんな感じで大きな地図と各ビーチまでの料金も分かりやすく書いてあります。この看板で隠れてますが、すぐ向こうにこのお寺があります。あとちょっとした屋台なんかも出ている広場。今回はタワエンビーチに行くので20バーツです。

ソンテウ乗り場と地図

賑やかなタワエンビーチ

ラン島で最も人が多いのがタワエンビーチです。私は静かなビーチが好きなのでここは好みではないんですが、一応一番大きなビーチをということで最初にご紹介。

ビーチパラソルとレストランなどがずらっと並んでます。レストランはしっかりした雰囲気というより、簡易な感じのお店が多め。

バーやレストラン

昼間のビーチの様子です。砂浜は結構広いです。それにしても暑い・・・

タワエンビーチ

水はこんな色でパタヤよりはもちろんきれい。さらにここよりきれいなビーチに行きたい場合は、サメット島やチャーン島がおすすめです。

海の色

自然はそこまで感じずちょっと人工的な雰囲気もするビーチですね。賑やかさのある場所が好みの人はこちら、静かでのんびりした雰囲気や自然をもっと感じたい方は島内の別のビーチが良さそうです。その他のビーチについてはまた別の記事で書きたいと思います。

青空と雲

帰りのフェリー乗場

タワエンビーチの隣にある桟橋からは、パタヤ行きのフェリーが出ています。こちらも桟橋の先まで歩いていって、フェリーの前で直接チケットを購入します。料金は行きと同じ30バーツ。

桟橋から海を覗いてみました。この日はグリーンぽい色。

海の色

また30-40分の船旅でパタヤのバリハイ桟橋に到着。バンコクからの日帰りのラン島ショートトリップでした。やや疲れるのでやっぱりパタヤで1泊がいいですね。

パタヤへ戻る日帰り

パタヤのホテルを検索、Booking.comが便利。



Booking.com