タイ

プーケットの空港と市街地・ビーチ間を結ぶバスについて

空港からプーケット市街地・ビーチへ

プーケットはリゾートなのでタイ国内の中では物価が高く、日本と同じぐらいに感じます。特にバンコクの交通費はとても安いので、バンコクの後に訪れるとかなりダメージを受けた気になります(笑)

リゾートなので日本から来る場合は、時間をお金で買うという考えで、高くても早くてスムーズに移動できる手段を選ぶのが、おそらくプーケットでは正解です。それなりにいいホテルに泊まる場合は、無料または有料で空港送迎も付いているので、そちらを利用するのが楽です。

でもある程度日程に余裕があって、安い方がいいという人もいると思うので、今回は空港と市街地またはビーチを結ぶバスについて書いてみたいと思います。下はバンコクから乗ってきたバンコクエアウェイズの飛行機。スワンナプーム空港発着なので便利。

プーケットタウンへ行く場合は、エアポートバスになります。ルートマップや料金表もリンク先に記載されており、終点のバスターミナルまでは記事を書いている時点で100バーツです。

各ビーチへ向かう場合はミニバスが便利です。空港の出口方面へ歩いていると、到着ロビー付近に分かりやすいチケットカウンターが出てきます。カウンターは2つありますが、どちらも料金は同じで旅行会社が違うだけだと思われます。

今回は手前のカウンターでチケットを買いました。ミニバスだとパトンビーチまでは180バーツ、カロンビーチとカタビーチまでは200バーツです。4人以上のグループであれば、リムジンタクシーのチャーターもいいかもです。パトンビーチまでは800バーツ、カロンビーチとカタビーチまでは1000バーツ、プーケットタウンは650バーツでした。

空港の外にミニバスが停まっていますので、チケットを見せて乗り込みましょう。僕が乗った時は、下の写真左奥の辺りのミニバスでした。分からなくてもその辺の係員っぽい人に聞くと教えてくれます。

ミニバスというかミニバンですね。10人ぐらい乗れて後ろに3列ぐらいシートがあるタイプです。エアコンも効いていて、シートもこんな風にしっかりしているので快適です。これでカロンビーチまで200ビーチなら、全然問題ないですね。

色々な国の旅行者を乗せているので、各ホテルを聞いて出発かと思いきや、何も聞かれずに人数が揃ったら出発しました。まあどっかで聞かれるだろうからいっかと思って乗っていると、だいぶ走ってからこの旅行会社の小さなオフィスに寄りました。

そこで降りて行き先のホテルをスマホで見せました。すぐに分かってくれたようで、また車に乗り込み出発します。パトンビーチの人たちを最初に降ろして行き、その後カロンビーチでした。パトンビーチで降りていく人たちの方が多かったです。

プーケット市街地・ビーチから空港へ

パトンビーチ、カロンビーチ、カタビーチから直接空港へ行く路線は、運行されていないようです。つまり空港から行きに乗ってくることができたミニバスの、戻りバージョンはないということです。

僕は前回の記事で書いたように、カロンビーチからプーケットタウンにソンテウで行ったので、プーケットタウンから空港バスで向かいました。ここの空港行きバスが出発するのは、バスターミナル1になります。

Googleマップで見ると、この場所です。Old Bus Terminalとも言われているよう。

奥にチケット売場があるので購入。ちなみにネットから購入も可能です。利用料なのか20バーツ高く、120バーツです。試しにネットで買ってみました。購入完了メールにQRコードがあって、それをバスの車掌さんが機械で読み取ります。でもバスは空いてたので、正直売場で買っても良かった・・・ハイシーズンはどうか分かりませんが、心配な人はネットからでも。

あとこのバスターミナルでは、チケット売場で荷物も預かってくれました。40バーツぐらいだったと思います。荷物預かりの英語が何故か通じず、スマホでタイ語に翻訳して見せると分かってくれました。時間があったので、荷物預けて街を散策できたのは良かった。

バスはエアコンが効いてますが、そこそこ古かったです。スーツケースなどは、バスの後ろというか下に収納するところがあるので、預けられます。帰りは途中で大雨になりましたが、無事到着。雨季のプーケットは本当に雨がよく降るな・・・最後までという感じでしたが、飛行機はほぼ予定時刻に離陸しました。

プーケットタウン経由ではなく、ビーチから直接行く場合は、ホテルでチャーターを依頼するのがいいと思います。もしくはソンテウと交渉するかということになります。