スリランカ

スリランカの必見スポット、世界遺産のシーギリヤロックへ登る(中編)

前回はシーギリヤレディの描かれた壁画のところから出てきたところでした。それから細い通路を進んでまた階段が出てきます。感覚的には半分をすぎた位でしょうか。シーギリヤレディまでの列が長くて、そこまでがかなり時間がかかったように思います。

階段を登ると少し開けた広場のようなところへ到着。上からシャワーのように水が降っていたので見上げると、上の岩がせり出しているところからでした。そしてここにもサルがいます。人にも慣れているようで赤ちゃんサルも一緒ですが、普通に過ごしています。

広場のような場所から先に続く道を見てみるとこんな感じ。なかなかの急角度!

ここはライオンの脚になっていました。ライオン・ロックって呼ばれてますしね。ここも長い列が頂上まで続いています。ちなみにトイレやお店もないので、下で済ませておきましょう。

少し休んでまた登り始めます。この階段が高い!高所恐怖症の人は無理かもしれません。鉄製ですがやや頼りなさげな階段。でも子供やお年寄りも苦戦しながら登っていました。もうすぐ頂上!

最後は暑さにもバテながらですが、何とか頂上に到着!上はとても広いです。王宮の跡が残っていました。

ライオンの脚の方角には、小さな山が見えています。登っている人がいましたが、向こうからだとシーギリヤロック全体を写真に収めることができそうですね。どうやって行くんだろ。

それにしても見渡す限りジャングル。ジャングルでも深い感じではなく、上から見ると隙間もあって草むらみたい。

ここが頂上で一番高いところです。みんなの写真撮影スポットでした。

登ってきたところと反対側には、3つの峰がある山と手前に湖。ここを歩いていると、アドベンチャーしてる感じがとてもあります。いやー 来て良かった、素晴らしい。

よく晴れて青空の中写真が取れて良かったです。雄大な自然はやっぱりいい。

自然と歴史を満喫しているところで、なぜかスリランカ人の若者グループに何人も、水ちょっと分けてと言われました。深刻な感じではなくてへらへら笑ってたので、残りも少ないしごめんと断りましたが、何だったんだろう・・・

次は広い頂上をもう少し散策して、下りに入ります。