タイ・バンコク生活、旅行、ノマドワーク

海外生活と旅ブログ

タイ

異彩なメタリックの寺院、銀を多用したワット・シースパン(シルバーテンプル)

投稿日:

たくさんの寺院があるチェンマイ、知名度はそれほどでもないですが、シルバーテンプルと呼ばれる異彩を放っているユニークな寺院があるのでご紹介したいと思います。

ワット・シースパンというお寺で、旧市街のお堀の外側。細い道でややアクセスは微妙ですが、中心部から自転車でも全然余裕です。地図はこちら。

入口から右側にこの銀色のお寺、左側によくある金色のお寺があります。右のこちらのお寺に入るには入場料50バーツだったか、よく覚えてませんが支払う必要がありました。正面から見るとこんなお寺です。他のお寺と違う雰囲気でかっこいい!

階段はすごい青色に塗られています。模様からするとこれは川か滝かな?

かなり細かい装飾になっています。写真では伝わりにくいかもしれませんが、近くで見ると素直にこれはすごいなと思う銀細工です。

天井付近の照明も独特ですねー

どこを見てもメタリックで、何だかメカの中に入ってる気分になってきました。男性受けしそうなシルバーテンプル。

でも仏像はゴールドなんですね、ちょっと安心。メリハリがあっていいと思います。

この装飾とかシルバーアクセサリーかと思いましたよ。楽しんで作ったのではと想像。

窓から見える景色は普通のタイのお寺、コントラストがくっきり。

チェンマイ建都720年(1296ー2016)を祝うレリーフもありました。

建物の横にはこの小さな鐘が吊るされています。ワット・プラシンなど他の寺院にもありますね。

横も裏もどこを見ても、ひたすら銀で出来ています。

ほんとよく頑張ってここまで銀で作ったなという感想です。プミポン元国王の写真の縁も銀。そして左にいるのはヒンズー的なあの象の仏像。仏教のお寺にいていいのかな、ちょっと謎です。

規模はあまり大きくありませんが、どの寺院とも全く違う雰囲気で面白いと思います。普通の金ぴかのお寺に少し飽きてしまった人におすすめ、色々写真を撮りたくなるかっこいいお寺でした。

-タイ
-, , , ,

Copyright© 海外生活と旅ブログ , 2018 All Rights Reserved.