タイ

バンコクでソンクラーン(水掛け祭り)、カオサン通り周辺・セントラルワールド・シーロムの様子

水が飛び交う路地

もう8月なので4ヶ月前のイベントですが、タイでは毎年4月にソンクラーンが行われます。ソンクラーンは世界的にも有名な、タイの旧正月に行われる水掛け祭りです。元々は伝統行事ですが、今は皆で楽しむイベントに近い雰囲気になっています。(ソンクラーンについて:タイ政府観光局

今年はカオサン通り・セントラルワールド・シーロムの3箇所に行ってみました。街中でもその辺でどこでも水かけてるのですが、この3箇所は人が多く集まっていて盛り上がりが違う感じです。ここ以外にもサイアムやRCAなど、他にも人が集まるスポットがあります。

カオサン通り周辺

カオサンに向かう方法は色々ありますが、今回はMRTフアランポーン駅で降りて、タクシーで民主記念塔(デモクラシー・モニュメント)の辺りに行ってもらうことにしました。しかし予想通りというか大渋滞にはまり、民主記念塔の手前で降りて少し歩きました。

バンコク市立図書館の前を通って進もうとしますが、すごい人混みでしばらく動けませんでした。警察の人が誘導しているので、行きたい方向とちょっと違う方へ進んでしまうことに。

そして途中に検問の様なテントが設営されていて、顔に塗る白い粉を持ってる人は没収されていました。でもその数メートル向こうで粉を売っているおばちゃんがいます、チェック緩すぎる(笑)またはおばちゃんは奥の手を使っているのか・・・

水鉄砲そんな訳でカオサン通り近くのソイを進んでますが、既に水鉄砲で撃ち合いがあってます。久々に参加すると楽しいですね!下の写真ただブレただけですが、妙な躍動感。たまに氷水掛けてくる人がいて、あれだけはほんとに勘弁してほしいです。いくら暑くても氷水はやばい。

水が飛び交う路地ソンクラーンのいいところは、笑顔の人がたくさん見れるところ。日常で嫌なことがあっても、これだけハッピーな雰囲気が溢れているとあっという間に楽しくなりますね。小さい子どもたち見てても、水鉄砲持って待ち構えてて微笑ましい。

タイ女性

カオサン通り周辺にはたくさんのバーがありますが、こんな感じでライトアップしてました。南国な雰囲気!

バーエリア

写真撮れたところは人のスペースに少し余裕ある場所ですが、人混みがすごいところはほんとに進むのが難しいぐらいでした。バーの辺りで道が細いところは行列で進んでる感じ。友達同士で来てる人は前の人の肩つかんではぐれないようにしてます。そして顔に塗る白い粉は禁止なんですけど、持ってる人がいて時々すれ違いざまに顔に付けられる。

チャーンビアカオサン通りのバーの2階席が人がいくらか少なそうだったので入りました。でもソンクラーンの時だけ、入場料100バーツ(缶ビール付き)のシステムになっていて、2階はVIP席なのでさらに200バーツ(缶ビールもう1本追加)でした。

下を見るとバーの1階の屋外席で水鉄砲持った人たちが待ち構えてて、前を通った人に掛けています。ノリのいい欧米系の人とかは自分から突っ込んでいって撃たれまくってました。あと2階にいる人が下の人めがけて、バケツで水ぶっかけたりしてめちゃめちゃです。そして見てるとおかまの人は水掛けられた時の反応ですぐに分かります、ちょっと面白い(笑)

バーの前で交戦

夜11時を過ぎてもこの熱気でした。道路はもちろん水浸しで、皆サンダル。ずっとずぶ濡れですがカオサン通りに入る前に、屋外レストランの扇風機の前に座ってたら、ほとんど乾きました。そしてまた水掛けられてあっという間に元通り。

カオサン通り

夜遅くまでカオサン周辺は賑やかでした。帰りはタクシーがすぐつかまって助かった。

セントラルワールド

セントラルワールドは昼間に近くを通ったので寄ってみただけですが、BTS側に入場受付のテントができていました。そしてここもこの人の多さです。

セントラルワールド並んでる先にあるのはこの泡パーティーコーナー、大人気です。

泡パーティー

盛り上がってるセントラルワールドですが、ちょっと移動してサイアムパラゴンに入ると、美しい仏像が小さいのから大きめのまで置いてありました。

美しい仏像

タイの人たちはお祈りしながら水をちょっと掛けてるようでした。モールの中でもこういったイベントを見るとタイにいることを実感します。(住んでるとだんだん慣れて実感がなくなってくる)

仏像とタイの人

シーロム、サラデーン

MRTシーロム・BTSサラデーン駅の周辺にやって来ました。こちらも毎年すごい人が集まる場所ですが、この時は案外少なかったです。道幅も時間帯が違うのもありますが、夜のカオサンの方がもっと混んでた感じ。水鉄砲はそこら中で売ってます。

シーロムエリア

ところで水をよく掛けられるひとは大体決まってます。色んな人に撃って絡んでく人、ノリがいい人、コスプレとかした変な人、若い女の子です。若い女の子は薄着だったらさらに水掛けられます。理由は書かなくても想像通りなので割愛。

若い人たち

水掛ける人が通りの両側にいるところは盛り上がってますが、あまりいないところはただの行進になってました。ちょっと大通りすぎて距離が遠いのもありますよね。

楽しそうに行進

でもなんかよく分からない盛り上がりの瞬間とかあって、この時はなぜか皆同時に水鉄砲撃ってました。ちなみに水鉄砲は安いの買うとあまり飛ばなくて面白くないので、ちょっと高くても大きめの方が面白いです。

あとスマホやお金を入れておく、ビニールのジップロックは必須です。こちらのコンビニなどでもソンクラーン期間中は売ってます。明るい時間だったら、帽子とサングラスもあった方がいいかなと思います。

サラデーンの人混み

こんな大盛り上がりのソンクラーンですが、数回行くと飽きる人もいれば、わざわざこの時期に合わせて日本から来て楽しみにしてる人と、好き嫌いは人様々のようです。タイ在住者は水掛けられたくないので、あえてこの連休中にタイ国外に旅行に行く人もいますし。でも1回は参加してみるといい経験と思い出ができますよ。

2019年は4月13日(土)から15日(月)までとなっています。でも15日から17日もタイの祝日なので、この間もまだやってるところもあるかもしれませんね。Youtubeなどにもたくさん動画があって、雰囲気がなんとなく分かると思います。またバンコク以外にも、パタヤやアユタヤなどでもたくさんの人が参加して、違った雰囲気を楽しむこともできます。

バンコクのホテル予約



Booking.com