タイ

タイでノマドワークをする魅力

観光客ランキングで見る、タイという国

タイは世界的に見ても観光大国です。世界観光機関による、2016年の「国際観光客到着数」では、世界第10位で3255.8万人の外国人が訪れたという発表でした。

特に首都バンコクは、米マスターカード発表の「世界渡航先ランキング 2016」で1位となっており、2147万人が海外から訪れています。これは世界で唯一2000万人を越えている都市で、9位の東京・1170万人の2倍近く。いかに人々を引きつけているかが数字に現れています。

そしてバンコクだけでなく、プーケット、チェンマイ、アユタヤ、サムイ、クラビなど、ビーチリゾートの島や歴史ある街も有しています。僕は今ちょうどタイに長期滞在して、ノマドワークをしているので、今回はタイでのノマドワークの魅力をいくつか書いてみようと思います。

大都市でのアーバンライフ

熱気あふれる都会の雰囲気が好きな人は、バンコクに住めばきっと満足できるでしょう。僕はバンコクは世界の縮図だと思っています。多数の国の人が行き交うスクンビット通りは、とても国際的です。

ノマドワークは移動して好きなところで仕事出来るのが醍醐味ですが、バンコクのインフラはよく整備されていて、アジアの中でも有数です。BTS・MRT・タクシー・バイクタクシー・トゥクトゥク・バスと移動手段は豊富です。

東京のように発展しているバンコク中心部ですが、家賃はリーズナブル。感覚的には東京の2分の1から3分の1ぐらいです。日本と同じぐらいの賃料の物件だとかなり満足度の高いものになります。

バンコクのマンション

歴史を感じる街並み

スクンビットから離れてチャオプラヤー川方面のリバーサイドに行くと、歴史を感じる建物を多く目にすることができます。こうした風景は心に落ち着きをもたらしてくれて、旅をしている実感も湧いてきます。ビル群の中での仕事に疲れたら、この辺りに来ると一気に異なる雰囲気に包まれます。

お寺

どこでもショッピング

タイではショッピングモール、市場、小さなお店、屋台など、様々なところで買い物や食事ができます。ショッピングは気分転換!という人には、まさに買い物天国です。

気候も関係してるのだと思いますが、ショッピングモールにはいつもたくさんの人が集まっています。エアコンが効いていて涼しいので、すぐに入りたくなりますし、レベルの高いショッピングモールが、バンコクを中心に多数あります。

セントラルワールドなどは地方都市にも大抵出店しています。下はタイを代表する高級モールのサイアムパラゴン。モールの中のカフェもノマドワークにはぴったりです。

サイアムパラゴン

大自然の中で

タイはバンコクが別格な都市であって、その他の地方はそれほど大きくありません。郊外やリゾートに行くとすぐに大自然です。バンコクの喧騒に疲れたら、数時間で自然の中で働くこともできます。下の写真はプーケットの夕暮れ時のビーチ。

サムイ島でちょっと作業をしたカフェの席。疲れたら目の前の海を見るだけで、すぐにリフレッシュ。大自然の中でのノマドワークは気持ちが良いものです。このカフェはこちらのホテルに併設されてますよ。

サムイ島のカフェ

 ノマドワークできる場所がすぐに見つかる

タイではここ5年ほどでコワーキングスペースが倍増しました。料金は少しずつ上っていっているものの、居心地の良い場所がたくさんあるので、ノマドワーカーには大人気です。下は僕が行ったコワーキングスペースの一部です。

ウドムスック

大抵は1Day Pass、Week Pass、Monthly Passなどのプランが設定されています。インテリアも素晴らしいコワーキングスペースが多く、クリエイティブな作業もはかどります。

オンヌット

タイ国内の様々な場所で行ってきた、ノマドワーク風景を一部写真でご紹介。こちらはパタヤのカフェ。がらがらに空いている午前中。

パタヤのカフェ

チェンマイの小さなホテルの1階。入口と反対の裏側の方だったので静か。

チェンマイ

プーケットのカロンビーチ近くのカフェ。大通りから少し入ったところで、緑に囲まれていて落ち着きます。観葉植物だらけ!

プーケットのカフェ

チェンマイのレストランで夜ビールを飲みながら。夜は暑さが和らぐので、屋外も良かったりします。

チェンマイのレストラン

他にももっとあるので、また改めて記事にしてみたいと思います。