タイ

フォトジェニックでカラフル!プーケットのタラン通り(オールドタウン)

カラフル

プーケットタウンはビーチに面していませんが、独特な街並みが並ぶ通りもあって、散歩が楽しいエリアです。特にオールドタウンのタノン通りを中心に、ユニークな通りが幾つもあります。

タノン通りが中心に歩きましたが、ヤワラート通り・ディブック通りの写真も入ってるかもしれません。シンガポールなどで見る街並みにもどこか似ていますが、やはりちょっと違う。

地図で見るとこの辺りです。カロンビーチからプーケットタウン行きのソンテウは、近くのヤワラート通りのロータリーにも停まりました。そこから徒歩5分ぐらいです。パトンビーチとプーケットタウンはミニバスも運行しています。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

リノベーションした家やお店がずっと連なっている通りです。カフェもかなり多いので、歩き疲れたらすぐに休憩。

ここはとにかくカラフルな建物が多いのが特徴です!オールドタウンの建物は、シノ・ポルトギース様式だそうです。シンガポールやマレーシアの街並みに似てると思ったのも当然ですね。

最初はちょっと天気が悪いですが、後で少しずつ晴れてきます。色んな国の観光客が歩いています。

でもこの写真を撮った時は、タイ人観光客が一番多かったです。一眼を持った若い人も多く、写真撮影が至るところで。男性がカメラマンで女性がモデルという組み合わせが多かったです。(タイでよく見かけるパターン)

青空が見えるとさらにいいですね!フォトジェニックな写真が撮れること間違いなしです。

建物の色や形も様々なので、写真撮ってても飽きません。

レトロな雰囲気の雑貨屋やゲストハウスも入っています。映画ザ・ビーチでディカプリオが演じる主人公が泊まった、ザ メモリー アット オン オン ホテル(The Memory at On On Hotel)もすぐ近くにあります。

下の写真は違う路地ですが、別の記事で載せたいと思います。このホテルはリーズナブルで雰囲気も最高と評判が良いので、ホテルを拠点に周辺のこの通りを散策するのはおすすめです!

歩いていると空にきれいな虹が見えました。タイで虹を見たのは初めてかも。

右はレンタルバイクも置いてある広いバイク屋。

今度は通りの反対側から歩いてみます。

やはりどこもカラフル。写真撮影用に作られたような通りですね〜

ローカルな雰囲気のお店も時々入ってるので、そこまでテーマパーク感も強すぎることはありません。

この写真の右側の辺りには、大きなアートが壁いっぱいに描かれてました。そしてタノン通りは、土日はウィークエンド・マーケットが開かれる場所でもあります。夕方から夜は屋台がずらっと並びます。

プーケットタウン

これは何のお店なのか・・・

プーケットと言えばビーチですが、プーケットタウンも全く違った面白さがあるので、ぜひ泊まってのんびりするのがおすすめです。タノン通り以外にも、見どころがありますよ〜