タイ

チェンマイ郊外の山奥、巨大な木の上のカフェ!ザ・ジャイアント(The Giant)

メーカンポン村を後にして、ザ・ジャイアントという有名なカフェに行ってみます。チェンマイの方向から来ると、メーカンポン村への道の途中に左に分かれる道があって、その先にザ・ジャイアントがあります。チェンマイからは1時間半以上。

こんな山道を125ccのバイクで走っていきました。下の写真はまだいい方で、かなりの急坂もあるアップダウンの多い道です。特にきつい坂では車間を開ける為に、前の車が上がるのを待っている後続の車がいるぐらい。バイクの方がむしろ上りやすかったです。

山奥すぎて地図を見てもピンと来ない(笑)スマホのGoogle Mapで行きました。

こちらも多分カフェだと思うんですけど、途中に素朴な藁葺きの小屋もありました。川沿いにもカフェがいくつか。

メーカンポン村行きの分かれ道から入って、そこからも20-30分走ったと思います。携帯も時々圏外になる程の山道を走って、ようやく到着!

入口から見るとこの大きさ!巨大すぎて後ろに下がって撮っても収まりきれない。

ここで写真を撮った後、吊橋を渡る待ちの人たちです。

一度に2人ずつしか渡れないので、待ってる人たちがいるようです。

今まで見たことのないタイプのカフェで、全体の雰囲気もいい!巨大な木は色んな場所にあるんでしょうけど、巨木とカフェが一体になっているところって、あまりないのでは?完成までにすごい苦労がありそうですね。

席は宙に浮いていました。建物としてはしっかりしてるので、怖くはないです。

木も完全にカフェの一部です。と言うよりカフェが木の一部ですね。ここを通る時はくぐっていきます。ちなみに吊橋が苦手な人は、横の階段からも席に行けますよ。

キッチンも木の根元付近に。すごいことになってます。週末は時間帯によっては、座る場所がないぐらい混雑します。注文したものもなかなか出てこないですが、自然の中で気長に。

評価の低いレビューがあるのは、ここまでのアクセスの大変さとカフェの値段の高さと遅さのよう。でもそれを差し引いても、このカフェのユニークな造りは面白い。エンターテイメント感のある場所です。

席からの眺めはそれほどでもありませんが、自然の中にいる感じはいい。ここのベストビューは、入口付近から眺める木とカフェのコラボですね。

巨木の幹周りはこの大きさ。一つの木なのか複数の木なのか、この写真では分からないですね。樹齢は何年なのかな。

帰りは行きとは別の吊橋を渡って入口側へ。振り返って見るとやはり圧巻。

すぐ近くにはEvergreen Resort & Restaurantもありました。この自然の中で朝目覚めるのは気持ちが良さそうです。同じ敷地内なので、ザ・ジャイアントで座れない時はこちらのカフェを使うのもありかも。(入口からの写真撮ったら満足)

チェンマイ中心部から、このカフェの為だけに来るのはきついかもしれないので、前に記事にしたサーンソング・ロッジメーカンポン村などとセットで観光するのがおすすめです。またメーカンポン滝、サンカームペン温泉なども近いので、時間があればぜひ!