はじめに

僕はここ半年間ほど、仕事も観光もしながら海外を旅していました。普段住んでいるのはタイ・バンコクですが、久々に1度も帰りませんでした。

半年間海外をと書きましたが、詳しく言うと東南アジアです。※アイキャッチ画像はロイヤリティフリーのもの。

暖かい国では厚手の服は必要ないので、荷物が軽くて済むのがメリット。
仕事は私服で出来るので、スーツは持っていってません。

荷物の中身の重量は、測ってみると約12kgでした。生活していくのに必要なものは、鞄一つの中に。女性の方はもう少し増えるのかもしれませんね。

家具もアパートやホテルに備え付けだったので、長期旅をしていても必要なものって少ないんだなと改めて思いました。

海外旅行や長期滞在に行かれる方の参考に少しでもなればと思い書いてみます。持ち物をリストアップするとこんな感じ・・・

衣類

ジーンズ2本、薄手のワークパンツ1本、ハーフパンツ3本、
Tシャツ5枚、襟付き半袖シャツ1枚、襟付き長袖シャツ2枚、タオル2枚、
薄手の長袖ウィンドブレーカー、下着5組、靴下4足、靴1足、サンダル1足

生活用品

コンタクト、風邪薬、酔い止め、絆創膏、爪切り、シャンプー、石鹸、
歯ブラシセット、日焼け止め、はさみ、ハンガー、折りたたみ傘、海外対応ドライヤー

ガジェット

クレジットカード、複数国の銀行カード、現地のSIMカード、PCケース、
iPhone SE、Macbook Air、イヤホン、変換プラグ、パスポート、
薄い本3冊、バックパックまたはスーツケース

自分が使っているスーツケースについての記事と、バックパックの記事

旅のTIPS

現地で購入するのはSIMカード、シャンプー、石鹸、そして色落ちしたらTシャツや下着も途中で買い替えます。

薬は日本のものと現地調達のもの両方。海外対応ドライヤーは日本で購入。コンタクトはいつも日本で、半年分か1年分をまとめ買いしてストック。本は軽いのを3冊位にしていて、あとはKindleに入れて読んでいます。

暇な時間が出来ても、Amazonプライムの映画や国内外のドラマも見れるので平気。VPNのサービスに入っているので、ネットが安定して繋がっていればPCやiPhone上でどこでも見れます。

切らさないように注意してるのはコンタクトぐらいで、その他は全部現地で購入しようと思えば出来るものばかり。

一番場所を取っているのは衣類。洗濯はランドリーに週2回ほど出してます。アジアの国々ではランドリーは、洗濯とアイロンがけまでやってくれて、一回数百円ぐらいなので気軽に出せますね。

長袖は必要なのかと思われるかもしれませんが、飛行機で移動する時やバイクに乗る時は長袖があった方がいいです。そして暑い国ではエアコンが効きすぎている室内というシチュエーションもあります。

特にバリ島などで半袖でバイクを運転して、腕が見たことがないような色に焼けてしまった経験があり、それ以来地元の人みたいに長袖を羽織って運転してます。暑そうに見えますが直射日光よりましで、走っていると風も入ってきます。

持ち物はさらに減らすことも出来そうですが、この位が自分にとってはちょうど良い感じでした。(ジーンズは1本不要だったかも)

ストイックにミニマリストを目指してる訳ではないんですが、荷物を減らすと移動も億劫にならず、ふと思いつきで明日違う国にも行けるぐらい身軽。

シンプルで自分にあった良いものを最低限持つぐらいが、ちょうど良いのかなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です