インドネシア

バリ島の有名観光地・ウルワツ寺院から見る夕日

uluwatu

ウルワツ寺院は、バリ島の観光本やツアーには必ず入っているような有名スポットです。11世紀からこの場所にあると言われている由緒ある寺院。バリ島の一番下辺りにあるので、アクセスはやや不便ですが、「風光明媚な景色」と「夕日」と「ケチャ・ダンス」を一度に楽しめる場所なのです。

地図で見るとこのとおり、空港やクタからは少し距離があり、車で1時間ちょっとかかります。往復してゆっくりしてると半日は占めるので、行き方としては車のチャーターがおすすめです。タクシーで行く場合は、明瞭会計のGrabが良いと思います。

僕はジンバランのホテルに長期滞在していたので、週末はバイクで南部を走り回っており、ウルワツ寺院にもバイクで行きました。バイクで行く人は少ないと思いますが・・・一応可能ではあります。ここは駐車場も広くて大きなバスで団体で来る人たちも多かったです。

入口のチケット売り場では、ハーフパンツなどで来ている場合、腰に巻くサロンを借りることができます。なので服装は普段の観光の時のままでも大丈夫。サロンって普段身につけることがないので、神聖な場所に入るということで気分が引き締まりますね。

着いたのは夕方近く。向こうの方にケチャ・ダンスの会場が見えています。この会場の近くにはケチャ・ダンスのチケット売り場もあるので、予約せずに個人でその場で購入もできるのですが、この日は土曜日の夕方。残念ながら売り切れていました・・・週末は特にやはり厳しいみたいですね。

確実に見たい方はツアーなどで事前に申し込んでおくのが無難そうです。バリ舞踊は何度も見ていて結構好きなのですが、ケチャ・ダンスはまだ見たことがありません。多分実際にその場で見ないと感じられないことがあると思うので、今度は予約してまた行ってみようと思います。

しかし自然の風景はいい!バリ島の南西の端なので、見渡す限りの海で、眼前には波がひたすら打ち付けてきています。

このように石で出来た塀があるので、断崖ぎりぎりまでは行けませんが、景色を眺めるのには十分。皆さん、ここで写真を撮りまくっています。色んな国の観光客がまんべんなくいて、バリ島が世界的にも人気の観光地であることを実感します。

少しずつ日が落ちてきて、寺院の方がシルエットのようになってきました。

なんだか太陽が大きく見えます。海への反射も美しい。

これはなかなかロマンチックです。もっと赤っぽい夕日が良かったなと思いますが、毎日違うのでその瞬間を楽しめたらいいですね〜

またしばらくすると雲だけが、赤っぽくなってきました。

赤というよりピンクに近い雲の色。空はまだ青空も見えています。

この日はちょっと控えめでしたが、ドラマチックなサンセットでした。

単に海の美しさだけを求めるのであれば、同じ南部のパンダワビーチがおすすめですが、ウルワツ寺院もまた違った良さがあって素晴らしかったです。この写真とはまた違うルートも歩けるようなので、次に訪れる時は違ったアプローチでも見てみたいと思います。

error: Content is protected !!